脇汗の匂いを抑える3つの改善方法

私はもうすぐ31歳になる社会人男性です。
現在電気工事業社の作業員として日々働いています。
夏の暑い日も寒い日も高所での作業をしています。仕事終わりには趣味であるキックボクシングのジムに通い日々汗を流しています。
とある夏の日、いつもの様に作業をして現場から帰社する途中、同じ会社の同僚に「汗臭いね、ワキガ?」と問われました。
ショックでした。自分では全く気付かずこれまで過ごしてきて、周りの人にそんな思いをさせていたのかと思うと申し訳ない気持ちで一杯になりました。
その日以来、ネットで調べたり、同じ悩みを抱える人に聞いたりした情報を元に改善していくことを決意しました。
それを初めて4ヶ月、全く汗の匂いを周囲に感じさせなくすることができたので、私が実践した内容を少しばかり紹介していきたいと思います。
脇汗の匂いを抑える3つの改善方法
□汗をかいたらすぐに真水で濡らしたタオルで体を拭く
デオドラントのスプレーや、ボディシートに頼るのもありですが、頻繁に汗をかくひとにとっては非常にお金のかかるものになります。
臭いを抑えるのではなく、臭いをを水で濡らしたタオルで拭き取ることで、臭いを消すことができます。

□入浴時の体洗いは、粗めのボディタオルでではなく、手もみで二度洗い
消臭ボディソープ等を使ってしっかり臭いの元や、細菌を洗い流しましょう。脇などは特に入念に洗いましょう。
粗めのボディタオルは毛穴を広げ、汗をかきやすくさせてしまいます。

□汗にまみれた衣服はこまめに変える
汗をかいた時もですが、一番臭いがきつくなるのは汗にまみれた衣服が乾いた時です。
できるだけ清潔な服に着替えましょう。

以上の3つを実践するだけでも、脇の臭いや体臭は大幅に抑えられます。他にも沢山方法はありますが、どんな事でもまずは実践することが大事です。
自分にあった脇の臭いの解消方法で、周囲との関係を友好に保てるようにしましょう。

脇の匂いを軽減する方法

私はとても汗をかく体質なので、特に脇は年中汗をかいている状態です。
そのせいで家族から匂いを指摘されたことがきっかけで、自分なりに少しでも匂いを抑えるようにいろいろ試してきました。
そして行き着いた方法が、生活習慣を少し見直すだけの簡単なものでした。

まずは「お風呂のお湯に浸かること」です。
夏など暑い時期になると、シャワーだけで済ませてしまっていたのですが、これはNGです。
脇の匂いの原因となる菌は、お湯に浸かることで殺菌されるという効果があるんですね。
ボディソープで洗っていても、殺菌まではなかなか難しいそうです。
なので暑くても、必ず肩までお湯に浸かることが大切です。

そして「脇汗パット」の使用です。
脇が汗ばんでいるとき、いつでもどこでもデオドラントスプレーが出来ればいいですが、仕事中や通勤途中などはなかなか難しいものです。
かと言って、汗をかいてそのままにしておくことが匂いの元になってしまいます。
そこで脇汗パットをつけておくことで、汗をその都度吸収をしてくれるので、これだけでもだいぶ違ってくるんですよ。
また最近のパットは薄く作られているので、上着やスーツだけではなく、Tシャツなどにも使えて便利ですし、あまり付けている感じもしないのでとてもいいと思います。

私はこの2点を生活に取り入れたうえで、スプレーや制汗シートを使用することで、だいぶ匂いが軽減されたのです。
意外と些細なことで変わってくるので試してみてほしいです。

更に詳しく脇の匂い対策について知りたいかたはこちら